資格を生かして働くには?
動物好きの方なら、一度はトリマーという職業に憧れたことがあるのではないでしょうか?

トリマー資格には国家資格はなく、今あるものはすべて民間資格です。

民間のトリマー資格でも、それを活かして働くことは可能なのでしょうか?

民間資格の中でも特に人気がある2つのトリマー資格の活かし方をみてみましょう。

トリマー資格とは?

トリマー資格はすべて民間資格です。トリマーになるためには、必ずしも資格が必要とされてはいませんが、資格を保有することによって、ペット業界で働く際に資格を活かすことができます。

民間のトリマー資格にはいくつか種類がありますが、その中でも好評なのが日本生活環境支援主催の「ペットトリミングアドバイザー」と、日本インストラクター協会主催の「トリマー開業インストラクター」です。

これらの認定試験には受験資格は求められていないため、誰でも自由に受験できるのが魅力となっています。

資格があればトリマーとして本格的な活動が可能!

トリマー資格を取得することで、ペット業界で働く際に資格をアピールすることによって、知識や技能が一定レベルに達していることを証明出来る事になります。

そのため、就職活動の際には、資格を保有していない人に対して優位に立てるでしょう。就職後は、資格を活かし、すでに身に付けている幅広い知識が、トリマーとして働く際の業務で、様々なニーズに対応する基礎となってくれるでしょう。

ペットサロンで経験を積んだ後は、自分のペットサロンやペットショップを持ち、独立する際にも対応出来るような知識が身につくようにそのカリキュラムに組まれています

資格の学習によって身についた知識が、様々な問題に対応する際に力を貸してくれるでしょう。

トリマー資格を活かして副業もできる!?

トリマー資格を保有することによって、資格を活かし、アドバイザーとしてカルチャースクールや生涯学習センターなどで講師として活動することも可能です。

また、自宅でペットトリミングのインストラクターとして開業することも可能です。さらに、自分で飼っているペットも、自身でトリミングできるようになるので、サロン代を抑えることができるのもポイントです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?上記で見たペットトリミングアドバイザーとトリマー開業インストラクターの2資格は、資格試験に対応している諒設計アーキテクトラーニングの「ペットトリミングアドバイザーW資格取得講座」を受講することで、効率よく試験勉強が出来るようになっています。

効率的に学べるため、資格取得がそれほど難しくなくなります。初心者の方であっても、トリマーのプロとして通用するレベルまで幅広い知識や技能を学ぶことが可能となる内容です。

まずは無料の資料請求からはじめてみてはいかがでしょうか?

ペットトリミングアドバイザーW資格取得講座