ペットが喜ぶトリミングとは?
我が子のような存在の愛犬は、何もしないそのままの状態でもかわいいものです。

しかし、トリミングによって、そのかわいさはさらに倍増します。

そして、愛犬を含めペットは、トリミングでキレイになってさっぱりすることで、気持ちよさに満足するでしょう。

では、ペットが喜ぶトリミングについて詳しくみてみましょう。

毛の質や量によって使用する道具を臨機応変に変えることは大切!

同じ種類の犬種や猫種であっても、各ペットによって毛質や量、生え方などが異なっています。そのため、各部位のカットに合わせて、適切な道具を使用しトリミングをすることによって、ペットにとってとても気持ち良いものとなるはずです。

たとえば体は、カットバサミでデザインを整え、スキバサミで毛量を調節すると良いでしょう。そして、デザインカットをする際には、バリカンを使うことで、毛の長さを変えることが可能です。

そして、ひげや足先はミニバサミでカットできます。

正しいトリミング手順でペットのストレスを減らそう!

正しいトリミング手順をとることによって、ペットのストレスを減らすことができるようになり、トラウマになることなく次回のトリミングへとつなげることが可能です。では、どのような手順で行うと良いのでしょうか?

まずペットの体温を測ります。少しでも体調が悪いときは、トリミング作業がストレスになってしまうので控えるようにしましょう。その後、ブラッシングを行い、毛玉を取り除きます。そしてシャンプーに入るのですが、その際にはお尻からぬるま湯を少しづつかけるようにして、ゆっくりと慣らしていきましょう

全身が十分に濡れたら、シャンプーをつけて洗います。シャンプー後はタオルで水分をしっかりふき取り、お腹が冷えないようにドライヤーを使って乾かしてあげましょう。

ドライヤーは、程よい距離からかければ、ペットが心地よいと感じれます。

ペットが喜ぶトリミングを学ぼう!

各犬種や猫種によって特徴が異なるので、それらをしっかり理解した上でトリミングをすることはとても大切です。では、各種類の特徴や、それに合ったトリミングはどのように学べるのでしょうか?

いくつかの学習方法がありますが、おススメは「諒設計アーキテクトラーニング」の「ペットトリミングアドバイザーW資格取得講座」です。

この講座では、各種類ごとのトリミング方法を具体的に学べるようになっています。ペットが喜ぶトリミングをしたい方は、当講座の受講を検討してみてはいかがでしょうか?

まとめ

ペットが喜ぶトリミングをするためには、各種類の犬や猫の特徴を理解し、それに合ったトリミングをする必要があります。また、同じ種類でも各ペットには個性があります

ですから、諒設計アーキテクトラーニングの講座を受講し、幅広い知識とスキルを習得することをおススメします。