トリミングサービスを提供する時の注意
人間と違い、動物は言葉を完璧に理解することができないということは、言うまでもありません。

その動物を相手にするトリマーという仕事は、常に注意を集中し、顧客から預かった大切なペットを大事に扱い、質の良いトリミングサービスを提供しなければいけません。

では、トリミングサービスを提供する際、具体的にどのような点に注意する必要があるでしょうか?

ペットがストレスを感じないようにサービスを提供することが大切!

ペットの余計な被毛をカットする際、ハサミやバリカンを使うのが一般的です。特にトイプードルなどは、バリカンを使うことで、効率よくカットすることが可能です。

しかし、バリカンを使用する際には注意が必要です。ペットが静かにしているという保証はないため、ゆっくりバリカンを使ってトリミングするようにしましょう。

また、使用するバリカンにもよりますが、長時間使い続けると熱をもってしまい、皮膚の弱いペットをやけどさせてしまう恐れもあるため、十分注意しましょう。

シニア犬・シニア猫にの負担を少しでも軽くするサービスを提供しよう!

トリミングはシニア犬・シニア猫にとって負担が大きく、ストレスを与えます。慣れない場所で、大好きな飼い主から離れ、知らない人に触られ、他のペットが近くにいるという状況は、どう考えても負担が大きすぎます。

そのため、トリミング中に心臓発作などを引き起こすなど不慮の事故が起こることもあります。すれを踏まえ、トリマーは綺麗さよりも、スピード重視でトリミングサービスを提供することが求められています。

また、飼い主さんが近くで見れる環境を提供するのも良いでしょう。そして、少しでも調子が悪い様子を感じることで、中止の相談を飼い主さんにすることも大切です。

本格的なトリミングが学べる諒設計アーキテクトラーニングの「ペットトリミングアドバイザーW資格取得講座」

トリマーとして活躍するためには、専門的な知識やスキルを習得し、資格を取得することで有利になります。

そこでおススメの学習方法として、諒設計アーキテクトラーニングの「ペットトリミングアドバイザーW資格取得講座」を受講すると良いでしょう。

この講座は、就職に有利となるペットトリミングアドバイザートリマー開業インストラクターの2つの資格取得を目指せる講座内容を提供しています。

それにはトリマーとしてどのようなサービスを提供できるか、実践的な方法を学べます。就職にはもちろん、自分のペットのトリミングもできるような知識やスキルを学べるため、多くの方におススメの講座となっています。

まとめ

トリミングサービスを提供する際には、ペットの体調や様子をよく観察し、ストレスを感じないように扱うよう心がけましょう。