トリマーは専門職なの?
トリミングによって、ペットの魅力を最大限に引きだすトリマーという職業には、専門的な知識や技術が求められています

一般的に、全くの未経験者に自分の大切なペットのトリミングを依頼したい、と思う飼い主はいないでしょう。

やはり、トリマーは幅広い知識が求められている専門職と言えるでしょう。

トリマーは専門職

トリマーはどのような職業なのでしょうか?

簡単に言えば、トリマーは犬や猫の美容師です。しかし、人間の美容師のような国家資格は存在していません。

そのため、法的には資格を保有していなくても、トリマーになることは可能で、ペットショップやペットサロン、動物病院などで活躍できるという事になります。

国家試験はありませんが、民間団体が主催している認定試験を受け、何かしら資格を取得していると、トリマーとして就職する際に、強みとなるでしょう。

それに加え、動物が好きなことはもちろん、接客業に必要な要素も求められています。

トリマーに求められている専門的なこと

トリマーには、ペットのヘアカット以外にも、グルーミングの技術も求められています。グルーミングには犬や猫のシャンプー、ブラッシング、爪切り、耳掃除、肛門絞り、染毛などが含まれます。

ペットの飼い主さんの要望を聞き入れ、希望通りに変身させるテクニックやセンスもトリマーには必要なものです。

それに加え、ペットを触ることで、体調チェックをすることも仕事のひとつです。したがって、トリマーには幅広い知識が求められている専門職と言えるでしょう。

トリマーに必要な幅広い知識が学べる諒設計アーキテクトラーニングの講座

諒設計アーキテクトラーニングの「ペットトリミングアドバイザーW資格取得講座」は、ペットトリミングアドバイザーとトリマー開業インストラクターの2つの資格取得を目指し、幅広い知識が学べる講座内容を提供しています。

さまざまな種類の犬猫のカット方法や、サマーカット方法、道具の使い方など、トリマーの基本知識からトリマーのプロとして通用するレベルまで学ぶことが可能です。まずは無料の資料請求からはじめてみませんか?

まとめ

トリマーは、専門的な知識とスキルが求められている専門職です。トリマーには国家資格はないため、誰でもトリマーとして資格なしでも活躍することは可能ですが、民間資格を取得していることは、様々な面で有利となるでしょう。

諒設計アーキテクトラーニングの講座を受講することによって、幅広い知識やスキルを習得できるうえ、2つのトリマー資格の効率的な学習が可能となるでしょう

トリマーとして活躍することを検討している方は、講座の受講をおススメします。

ペットトリミングアドバイザーW資格取得講座