ペットショップで働くのにも役立つ資格
ペットショップの仕事は、接客、販売、飼育といった役割に応じて、全く仕事内容が異なってくるものです。

では、ペットショップでスタッフとして働くとした場合、求められている資格はあるのでしょうか?

まったくの未経験で、ペットに関する知識を持たなくても、働けるのでしょうか?

ペットショップで働くには?

ペット業界の中でも定番のペットショップは、ペットフードやペット用品、生体を販売することが主な仕事です。ペットショップは、人間を相手にする仕事なのでメインは接客業と言えるでしょう。

ペットショップのスタッフには、販売動物の世話、生体、フード、グッズの販売に加え、商品の補充や注文、接客など、多くのことが求められています。やはり、動物が好きなだけでは務まるものではありません。

また、子犬や子猫はとても可愛いものですが、世話をすることは簡単な事ではありません。汚れることもありますし、体力を使うこともあります。

しかし、どんな時も愛情をもって接することが必要です。

ペットショップはで働く上で役立つ資格とは?

ペットショップで働く際に、特に求められている資格はありません。つまり、資格を保有していなくてもペットショップで働くことは可能です。

しかし、何らかの資格を保有することによって、専門の知識がある事は差別化につながり、就職に有利になることは確かです。

ペットショップの求人は頻繁に行われている方では無いため、資格の取得によってライバルとの差をつけ、採用の際においても有利に運べるでしょう。では、役立つ資格とはどのようなものでしょうか?

いくつかの種類がありますが、その中でも日本生活環境支援が主催の「ペットトリミングアドバイザー」がおススメです。

ペットショップ就職に役立つ資格を取得しよう!

ペットトリミングアドバイザーは、さまざまな犬種や猫種の特徴を理解し、それに合ったトリミングができる人に認定される民間資格です。

独学で学習することも可能ですが、その出題範囲を適切に学ぶ事は簡単ではありません。そのため、効率よく学ぶためには、資格試験に直接対応している講座、諒設計アーキテクトラーニングの「ペットトリミングアドバイザーW資格取得講座」の受講をおススメします。

ペットトリミングアドバイザーに加え、トリマー開業インストラクター資格にも対応しています。つまり、1つの講座を受講することで、2つの資格が取得できるようなカリキュラムとなっています。

これらの資格を取得すれば、ペットショップで働く際に役立てることが可能です。

まとめ

ペットショップで働く際、特に資格は求められていませんが、資格を保有することによって、就職に有利となります。

諒設計アーキテクトラーニングの「ペットトリミングアドバイザーW資格取得講座」を受講することによって、2つの資格を取得できるうえ、ペットショップで働く際に役立つ内容となっています。

ペットトリミングアドバイザーW資格取得講座