ペットにとってのトリミング
ペットを飼う方は年々増えており、それと同時にペット業界の市場も拡大しています。ペットサロンもそのひとつです。

飼い主さんが自宅でトリミングをすることもできますが、ペットサロンでトリマーにトリミングをお願いする人も少なくないようです。

では、ペットにとって、トリミングはどのようなものなのでしょうか?

子どもの頃からトリミングに慣れさせることが大事!

犬や猫など子どもの頃から、人に触られること慣らしておくことによって、トリマーからストレスなくトリミングを受けられるようになります

つまり、大きくなってからトリミングに連れていく事になってしまうと、ペットにとってはストレスとなる場合もあります。しかし、知識やスキルのあるトリマーであれば、ペットにストレスを与えることなく、トリミングしてくれるでしょう。

ペットにとってのトリミングは衛生管理のひとつ!

ペットを定期的にトリミングすることは、ダニやノミの予防になります。また、毛を短くカットすることで、怪我や病気を予防できます

たとえば足裏の毛をカットすることで、足が滑るのを予防できるようになります。また、眼球周りのムダ毛をカットすることで、視野が広がるうえに、涙の過剰分泌を防ぐことも可能です。

肛門付近の毛も短くカットすることで、不衛生な状態を防げるうえ、肛門腺も絞れるようになります。

このように衛生面を維持するためには、トリミングが欠かせません。それに加え、外見を美しく保つこともトリミングの目的のひとつです。

トリミングについて学んでみよう!

トリマーを目指している方はもちろん、ペットを飼われている方や飼う予定の方は、この機会にトリミングについて本格的に学んでてはいかがでしょうか?

専門のスクールに通うのは時間も費用もかかりますが、通信講座なら気軽に学ぶことができます。そこでおススメは、「諒設計アーキテクトラーニングの「ペットトリミングアドバイザーW資格取得講座」です。

この講座は、2つのトリマー資格取得を目指し、トリマーに必要な知識と技術を効率的に習得することができます。

まとめ

ペットにとってトリミングは衛生管理の一部でもあり、外見を美しく保つものでもあります。したがって、特に毛が長いペットにとっては、トリミングはとても大切なことなのです。

ペットサロンに定期的に連れていくことも良いのですが、諒設計アーキテクトラーニングの講座を受講しトリミングについて体系的に学ぶことによって、自分でトリミングできるようにもなります。

ペットトリミングアドバイザーW資格取得講座