トリマーに求められていること動物好きな方を中心に、トリマーという仕事に憧れている方は少なくありません。

トリマーになるための国家資格はありません。したがって、理屈上では誰でもトリマーになることができることになります。

しかし、ただ動物が好き…という理由だけでトリマーの仕事をこなすことは厳しいと言えるでしょう。では、トリマーにはどのようなことが求められているのでしょうか?

トリマーには正しくて幅広い知識が求められている

トリマーになるための国家資格はないため、法律上は誰でもトリマーになれるという事です。つまり、資格がなくても、専門の学校に出ていなくても、自分でトリマーだ、と名乗ればトリマーになれます

しかし、多くの方にとってペットは自分の大切な家族です。そのため、資格がないトリマーには、大事な家族であるペットを預けたいとは思えないでしょう。そのため、トリマーとなり、顧客からの信頼を得るためには、民間の資格を取得することが大きな意味を持ちます

また、トリマーには、数多くの専門的な知識が必要です。例えば、犬種の特徴、毛質などを理解すること、接し方、道具の使い方、ヘアカット方法などさまざまな知識や技術がトリマーには求められています。

まずはトリマー資格取得を目指そう!

トリマーとして活動したいのであれば、トリマー資格取得を目指し、専門的な知識や技術を学ぶ必要があるでしょう。トリマー資格にはいくつかの種類が存在していますが、その中でも受験資格が求められていない日本生活環境支援が主催の「ペットトリミングアドバイザー」と、日本インストラクター主催の「トリマー開業インストラクター」資格がおススメです。

これらの資格はネット環境さえ整っていれば、だれでも受験することが可能です。受験費用は各試験税込み10,000円で、自宅でも在宅受験を採用しています。認定試験は年に6回・偶数月、合格基準は70%以上なので比較的合格しやすいレベルと言えるでしょう。しかし、専門的な知識が求められていますので、しっかり学習して試験に望む必要があります。

資格試験に対応している通信講座を受講しよう!

トリマー資格取得を目指し、独学で学習することには限界があります。

そこでおススメの学習方法は、資格試験に対応している通信講座を受講することです。「諒設計アーキテクトラーニング」では、ペットトリミングアドバイザーとトリマー開業インストラクターの2つの資格試験に対応している「ペットトリミングアドバイザーW資格取得講座」を提供しています。

この講座を受講することで、トリマーに必要な幅広い知識とスキルを身に付けることができるでしょう。

まとめ

トリマーには幅広くて正しい知識と技術が求められています。なので、トリマー資格取得を目指し、知識と技術を身に付けてみませんか?

諒設計アーキテクトラーニングの講座を受講することで、効率よく知識と技術を習得することが可能です。トリマーになりたい方は、受講を検討してみることをおススメします。

ペットトリミングアドバイザーW資格取得講座