最近は、街の至るところでペットサロンを見かけます。つまり、ペットサロンを含め、ペット業界の市場が拡大していることの証拠です。

そのため、小さい子どもや、動物好きな方を中心に、トリマーという職業に憧れている方は少なくないようです。

では、日本のトリマー人口はどのくらいなのでしょうか?その人気についてみてみましょう。

人気職業・トリマー人口はどのくらい?

ペットブームに伴い、動物を扱うトリマーは、日本の人気職業のひとつとなっています。2014年の時点で、ジャパンケネルクラブ(JKC)に登録されている日本のトリマーの数は、15,000人以上です。

また、現在はさらにトリマー人口が伸びていることが予想されます。

トリマー人口が伸びると同時に、トリマー業界全体のスキルもレベルアップし、個性的で魅力的なカットが次々と登場しているため、飼い主さんにとってペットサロン選びは重要になっています。

今後のトリマー業界に求められていることとは?

ペットを我が子のように家族として扱っている方が増えているため、ペットの社会的地位は年々向上しています。

そのため今後トリマーには、ますますペットを大切に扱うことが求められるでしょう。それには、各犬種や猫種をしっかり理解し、ただカットするだけでなく、ペットの心を汲み取んだトリミングが求められるでしょう。

また、近年ではすでにオプションサービスとして、オゾンを使ったオゾンナノブル、人間でも流行ってい炭酸泉温浴、温泉浴、ローズバスなど、多くのサービスが飼い主さんとペットに人気となっています。

このように両者を喜ばせるために、今後のトリマー業界の展開から目が離せません。

トリマーに必要な知識やスキルを本格的に学んでみよう!

日本の人気職業トリマーに憧れている方や、トリマーとして活躍したい方は、諒設計アーキテクトラーニングの「ペットトリミングアドバイザーW資格取得講座」の受講がおススメです。

毎日30分の学習時間であっても、6ヶ月程度の期間で、トリマーに必要な幅広い知識とスキルを習得出来るカリキュラムとなっています。また、学習を進めることによって、ペットトリミングアドバイザーとトリマー開業インストラクターの2つの資格取得も目指る内容です。

すこし早めのスピードで学習を進めるとすれば、最短2ヶ月で資格取得も可能です。この機会に講座を受講し、人気の職業トリマーに一歩近づいてみてはいかがでしょうか?

まとめ

日本のトリマー人口は多く、トリマーという職業に憧れている方は少なくありません。諒設計アーキテクトラーニングの講座を受講すれば、トリマーに必要な幅広い知識を学べます。

ペットトリミングアドバイザーW資格取得講座