資格の難易度と勉強方法
人間の美容師には国家資格が必要ですが、ペットの美容師とも言えるトリマーには国家資格はありません。

しかし、トリマー資格には、数多くの民間資格が存在しています。

では、民間資格であるトリマー資格の取得は難しいのでしょうか?どのように資格取得勉強をすればよいのでしょうか?

トリマー資格とは?

トリマー資格はすべて民間資格です。トリマーになるために必ずしも資格が必要とはされていませんが、資格を保有することによって、ペット業界で働く際にとても有利になります。

民間のトリマー資格にはいくつか種類がありますが、その中でも取得しやすいと人気が高いトリマー資格に、日本生活環境支援主催の「ペットトリミングアドバイザー」と、日本インストラクター協会主催の「トリマー開業インストラクター」があります。

これらの認定試験には受験資格は求められていないので、誰でも自由に受験できる魅力的なトリマー資格です。では、その難易度についてみてみましょう。

トリマー資格の難易度

「ペットトリミングアドバイザー」認定試験の難易度は、どのくらいなのでしょうか?この認定資格は、インターネットで受験申請をし、自宅で受験します。

年に6回、偶数月に試験が実施されています。合格基準は70%となっているので、比較的合格しやすいトリマー資格と言えるでしょう。

では、「トリマー開業インストラクター」認定試験の難易度についてはどうでしょうか?この資格もペットトリミングアドバイザー同様、インターネットで試験の申し込みをし、自宅での在宅受験を採用しています。

偶数月、つまり、年に6回認定試験を実施しています。このトリマー資格も合格基準は70%なので、比較的合格しやすいものとなっています。

トリマー資格取得の勉強方法とは?

トリマー資格の取得を目指し、独学で勉強することもできます。

しかし、それには限界があります。そこでおススメの勉強方法は、諒設計アーキテクトラーニングの「ペットトリミングアドバイザーW資格取得講座」を受講することです。

出題範囲に直接的に対応している講座であるため、効率よく認定試験対策ができます。

この講座は、初心者の方でも安心して受講できるよう、トリミングについて基礎からしっかりと学べます。講座が終了する頃には、トリマーのプロとして通用するレベルまで、幅広い知識とスキルを習得可能です。

まとめ

ペットトリミングアドバイザーとトリマー開業インストラクターは、合格基準が70%と比較的合格しやすい認定試験なので、好評のトリマー資格となっています。

それに加え、受験資格は特に求められていないため、誰でも受験できます。しかし、合格するためにはしっかり勉強して臨む必要があります

諒設計アーキテクトラーニングの講座を利用することによって、効率よく学ぶことが可能です。

ペットトリミングアドバイザーW資格取得講座