トリミングデザインと工夫
ペットサロンで行うトリミングは、衛生面を維持する役割と外見をキレイに見せる役割の2つがあります。

特に外見を魅力的に見せるカットデザインは、どのトリマーに預けるかによっても仕上がりが異なってきます

では、トリミングする際のおススメデザインと工夫についてみてみましょう。

子犬のトリミングデザインと工夫について

子犬の中には、まだ毛が少ない犬種もあります。たとえばトリミングが必要な犬種であるプードルの子犬・1~2歳の場合、特に足の毛が薄いという特徴があります。

それが考えられる理由は、デザインカット定番のブーツカットや、足の毛を伸ばしてフワッとさせるカット、つまりオシャレカットを子犬の頃から行っていることが考えられます。

トイプードルのようにシングルコートの犬種は、自然に毛が生え変わることはなく、カットすることで生え変わります

そのため、最初のトリミングではデザインカットをせず、短くカットしてスッキリさせるような工夫をすることによって、毛が薄くなってしまうというトラブルを回避することが可能です。

各ペットに合わせたカットが大切!

同じ犬種でも、一匹一匹毛の生え方や、毛質、毛量などが異なっています。そのため、各ペットに合わせた、オーダーメイドによるトリミングデザインカットのスキルがトリマーには求められています

トリマーの経験をしっかり積むことで、臨機応変にトリミングデザインカットを行うことができるようになっていくでしょう。

人間の美容師同様、ペットのトリミングデザインも、各ペットのそれぞれの可愛いさを引き出すことができるよう工夫することによって、顧客の固定化へとつながります。

トリミングについて本格的に学べる通信講座

諒設計アーキテクトラーニングでは、初心者からトリミングを効率的に学べるうえ、ペットトリミングアドバイザーと、トリマー開業インストラクターの2つの資格にカリキュラムが直接に対応した「ペットトリミングアドバイザーW資格取得講座」を提供しています。

だれもが理解しやすいカリキュラムを採用しているので、問題なく安心して受講できる講座内容となっています。カット方法やデザイン方法、サマーカット方法なども具体的に学る内容です。

まずは無料の資料請求からはじめてみませんか?

まとめ

トリミングデザインは、各ペットに応じで臨機応変に、魅力を最大限に引き出せるよう工夫する必要があります

そのためには、幅広い知識やスキルを身に付ける必要があるでしょう。

ペットトリミングアドバイザーW資格取得講座