トリマーが作業中に気をつけること
動物好きの方なら一度はトリマーという職業に憧れたことがあるのではないでしょうか?

可愛い犬や猫を毎日扱う仕事は、楽しそうに思えるかもしれません。

しかし、動物相手の仕事の場合、相手はこちらの言うことを聞いてくれるわけではありません。そのため、トリマーは作業中、注意を集中しなければいけません

では、作業中に気を付けるべきことをみてみましょう。

トリミング中に暴れるペット

トリミング中に暴れたり、噛んだりするペットは珍しくありません。なぜそのような行動をするのでしょうか?

それには、以前トリミングした際に、ひどい扱いを受けたり、何かしらの苦しい経験をし、トリミングを受けることがトラウマになっていることが考えられます。

人間の観点からすれば良いことであっても、ペットから見ると苦しい経験、もしくは不快な経験となっていることもあります。

これを踏まえ、トリマーはペットの様子や反応を見ながら作業を進める必要があります

恐怖を感じさせないように作業することは大切!

犬はトリミングに恐怖を感じると暴れたり、噛んだりします。また、猫も逃げたり、引っ搔いたりします。特に猫の多くは水を嫌うので、シャンプーはとても難しい作業となります。

そのため、猫が恐怖を感じないように、少しづつ水に慣れさせていく必要があるでしょう。

また、もともと性格が臆病なペットには、使用する道具を見せたり、しっかり目を見て話すことで、トリマーとペットの間に信頼関係が生まれるため、作業を順調に進められるようになります。

作業中の「もしも・・」が学べる諒設計アーキテクトラーニングの「ペットトリミングアドバイザーW資格取得講座」

トリマーとしてトリミングをしている際、どんなに注意していてもトラブルが発生することがあります。

諒設計アーキテクトラーニングの「ペットトリミングアドバイザーW資格取得講座」を受講することによって、そのようなトラブルが生じた時に、どのように対処すればよいのかについても学べるようになっています。

たとえば、トリミング中に怪我をしてしまった時の対処法、噛みつき癖のある犬のトリミング、水が苦手な犬のシャンプー、ノミの寄生のある犬のトリミング、トリミング中の熱中症対策など、実際的な対処法や対策がカリキュラムに含まれています。

2つのトリマー資格にも対応している講座内容を提供しているので、幅広い範囲での正しい知識と技術を習得し、効率的な資格の取得も可能となっています。

まとめ

トリマーは動物相手の仕事であるため、作業中は常に注意を集中している必要があります。諒設計アーキテクトラーニングの講座は、作業中に起こりそうなトラブルも、前もって習得することができます。

ペットトリミングアドバイザーW資格取得講座